コロナの就活への影響は?面接はオンライン(WEB)実施でスマホでのやり方を教えます

コロナ 就活 影響 面接 オンライン スマホ やり方
Pocket

いよいよ就活本番を迎えますね。

世間はコロナで騒がしいですが、コロナの就活へはどのように影響するのでしょうか?

また面接はオンラインで実施しようという動きがとても大きくなってきています。

面接は就活では必ず行われますが、通常は複数人で集まる必要がありますので、コロナ感染が拡大しないように企業側でもオンラインに切り替えているわけですね。

元々オンライン面接はありましたが、今年の面接はオンライン面接が主流になりそうです。

スマホでのやり方もありますのでお伝えいたします。

今回は、「コロナの就活への影響は?面接はオンライン(WEB)実施でスマホでのやり方を教えます」ということで紹介をしていきます。

 

コロナの就活への影響は?

コロナ 就活 影響 面接 オンライン スマホ やり方

新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、あらゆるイベントの中止・延期が決定しています。

公立の小学校・中学校・高校も休校というニュースもあり、かなり大がかりな対策が講じられていますね。

そんな中で気になるのは就活への影響ですよね。

リクナビの合同説明会が中止になったといったニュースもあるように、合同説明会やグループディスカッションといった選考の一部も中止・延期になる動きが加速しています。

延期とはいっても、企業側の選考スケジュールはなかなか変更が難しいため、実際には対面ではなくてオンライン(WEB)で実施することが確実に増えます。

対面ではなく、オンライン(WEB)での実施に移行となりそうな選考は次のとおりです。

  • 合同説明会
  • グループごとの座談会
  • 適性検査・テスト
  • 一次面接
  • 二次面接

さすがに、最終面接といった採用の意思決定に直接寄与するような選考については、対人で行われるかと思います。

 

コロナの影響で、適性検査やテストもオンライン(WEB)で実施されるのか?

就活の際に受ける必要のある適性検査ですが、よく「SPI」とか「玉手箱」とか呼ばれているあれですね。

適性検査の受検の仕方ですが、一般的には次のような実施形態があります。

  • 試験会場を自分で予約してパソコンにて受検する形式
  • 企業が指定する会場に行ってその企業が用意する紙やマークシートの形式
  • 家のパソコンで受検するWEBテスト形式

です。

この中でも、試験会場を自分で予約してパソコンにて受検する形式や、企業が指定する会場に行ってその企業が用意する紙やマークシートの形式については、一か所に人が集まって実施する必要があります。

このような形式の適性検査は、コロナの感染拡大防止の措置として、今後オンライン(WEB)に切り替わっていきます。

具体的には、

  • 家のパソコンで受検するWEBテスト形式

が多くなっていきますね。

特に大手企業など、注目を浴びるような企業では、コロナの感染拡大の影響やそれにあたっての企業方針の打ち出しに重きを置いているので、そういった意思決定をすることが多いです。

家のパソコンで受検ができるよう、パソコンやネット回線の準備をきちんとしましょう!

 

就活の面接はオンライン実施が主流に!スマホでのやり方を教えます

コロナ 就活 影響 面接 オンライン スマホ やり方

面接もオンライン(WEB)での実施が主流になりそうです!

パソコンやスマホでオンライン(WEB)面接をするのは数年前からありますが、今年はこれがメインとなりそうですね!

 

<ブラウザで面接ができるもの>・・・インターネット環境があればOK

企業から案内されるURLにクリックすれば、ブラウザにて面接ができますよ。

アプリのインストール不要です。

きちんとインターネットが入り静かな環境を用意しましょう!

ネットカフェなどでインターネット回線が不安定なので、できれば自宅や学校の有線のパソコンなど、落ち着いたところでできるようにしましょう!

具体的に、オンライン面接ができるツールは以下のようなものがあります。(企業の人事の人は詳しいですが、就活生は特に気にしなくてもOK)

表情の読み取りなどがしやすいので、こういったツールでオンライン面接をすることとなりそうです。

  • インタビューメーカー
  • i-web MOVE
  • HARUTAKA

 

<アプリのインストールが必要なもの>・・・スマホやパソコンに、アプリをインストールしておきましょう!

コロナ 就活 影響 面接 オンライン スマホ やり方コロナ 就活 影響 面接 オンライン スマホ やり方

ビジネスマンがよく使うもので有名なのは、

  • skype(スカイプ)
  • zoom(ズーム)

ですね。

よく会議などで使います。

集団面接もできますね。

こちらはアプリをインストールすることで使えるようになります。

※アプリのインストールが必要なものは、面接の数日前にきちんとインストールを終えましょう。

 事前のアカウント登録も必要なので、15分ほどは時間がかかります。

 また、当日の面接で慌てないように、色々と触ってみて操作に慣れておきましょう・・・!

アカウントの登録の流れはこんな感じです。

  1. メールアドレスか電話番号を設定
  2. パスワードを設定
  3. 確認コードが送られてくるので、確認コードを入力
  4. ロボットによる操作でないことの確認
  5. プロフィール画像の選択
  6. マイクの音声入力確認
  7. カメラの映像確認

 

実際の面接のときはスマホをどうすればいいの?

企業側から「10分もしくは5分前にはスタンバイしておいてください」や「こちらから電話をかけます」などの指示があります。

なので、その案内に従いましょう。

面接の際には、スマホはしっかりと固定する必要があります。

固定できずにズレてしまって画面の中に入りきらず直す・・・みたいな不手際はとても心象が悪いですし、せっかく時間を作ってくださっている企業側の方々へ失礼です。

そのような対応も面接で見極められることになります。

事前にスマホを固定し、良い方向・良い角度で自分がきちんと入るかを事前にきちんと確認しましょう!

事前に家族や友人に協力してもらって、スマホでの面接の練習をしておくことを強くおススメします。

AYA

スマホの使い方や事前の準備も、面接の際に見られているポイントですね♪ 当日慌てることのないように、しっかりと準備をしましょう!

 

オンライン(WEB)面接のコツのまとめ

オンライン面接が増えるにあたって、ツイッターでもコツについて意見がでていました。

先輩ビジネスマンの意見を吸収して、失敗のないようにしましょう!!!

AYA

表情や言葉の細かさがオンラインだと伝わらないので、いつもの1.5倍くらい大げさに伝えましょう!

ネット回線の影響でフリーズすることもあるので、そういう時は素直に伝えることも大切です。

(聞こえなくて、質問の意図と異なる回答をするのは避けたほうがいいですよ・・・!)

オンライン面接での配慮ができるかどうか? ITツールがきちんと使えるかどうかについても、面接官には見られているポイントですよ!

きちんと事前に練習をしておきましょうね!!

 

まとめ

今回は、「コロナの就活への影響は?面接はオンライン(WEB)実施でスマホでのやり方を教えます」ということでご紹介いたしました。

新型コロナウイルスのの感染拡大で、就活にも影響が大きく出てきます。

面接はオンラインで実施することが今後、ますます多くなります。

またスマホでのやり方もお伝えしたので、事前にきちんと準備をしておきましょう。

事前の準備や静かな環境で実施すること、また面接時には大きな声でハキハキ発言してリアクションも大きめにすることが大切です!

そういった点も面接では評価の対象になりますので、気を抜かずに挑みましょう!

いよいよ就活本番ですね!

コロナ感染拡大に負けず、気合を入れて頑張りましょうー!