新型コロナウイルスで在宅勤務の企業は?会社に行かずに業務をするメリット・デメリットをご紹介

新型コロナウイルス covid-19 在宅勤務 会社 業務 メリット デメリット
Pocket

日本国内でも感染拡大がかなり進んでいる新型コロナウイルス・・・。

企業や組織では、在宅勤務・テレワーク・リモートワークが推奨され、新型コロナウイルスの感染拡大を防ごうという取り組みが進んでいます。

在宅勤務をすることで、通勤時の大混雑や社内やミーティング時での人との接触を避けることができ、感染の可能性を低くすることができます。

在宅勤務って実際のところ、どんな感じなのでしょうか?

そこで、会社に行かずに業務をする在宅勤務のメリットやデメリットについて、私自身の経験からお伝えします。

今回は「新型コロナウイルスで在宅勤務の企業は?会社に行かずに業務をするメリット・デメリットをご紹介」ということでご紹介させていただきます。

 

新型コロナウイルスで在宅勤務の企業は?

新型コロナウイルス covid-19 在宅勤務 会社 業務 メリット デメリット

在宅勤務とは、就業場所として自宅で働く働き方のことですね。

近年の働き方改革の推進や、2020年開催の東京オリンピックに向けた混雑解消などに向けて、国が推奨しているのもあり導入企業は増えつつあります。

在宅勤務と近しい意味合いで、リモートワークやテレワークなどといった言葉も使われています。

実態としては、完全に自宅のみでオフィスへ出勤せずに働くこともあれば、週に何日かは出社する、午前や午後だけ出社して在宅勤務を活用するなど、色々とあるようです。

今回の新型コロナウイルスの影響で、有名企業では、以下の企業がすでに在宅勤務の推奨を表明していますね。

  • NTT
  • NEC
  • KDDI
  • 武田薬品工業
  • リクルートホールディングス
  • クラウドワークス
  • パソナグループ
  • ヤフー

 

在宅勤務ではモバイル機器を活用

在宅勤務を行う上で必要・重要なのは、やはりIT機器・ツールです。

ノートパソコンやスマートフォンやタブレットなどが代表的ですが、このようなITツールを活用することで、面と向かってやりとりせずとも業務を進めることができます。

このITツールのおかげで在宅勤務ができるといっても過言ではありません。

IT系の企業や情報セキュリティレベルが高すぎない企業では導入しやすい印象ですね。

また接客業などといった直接店舗にいることが重要な業務や、対面でないとできないような業務ではおそらく難しいでしょうね。

 

画面共有・音声共有をすればほとんど問題なく業務ができる!

新型コロナウイルス covid-19 在宅勤務 会社 業務 メリット デメリット

画面共有や音声共有ができる有名なツールは、

  • Teams(マイクロソフトのoffice系、skypeの進化版)
  • Slack(チャットで有名)
  • Yammer

などがあります。

すでに使っている!という方も多いのではないでしょうか。

これらのツールでは、自分のパソコンで見ている画面を共有したり音声も共有することができます。

また、複数人で共有することもでるので、一緒に居合わせなくてもミーティングができてしまうのです。

出勤しなくても会話や資料のすり合わせができるので、本当に便利です!

 

会社に行かずに業務をする在宅勤務のメリット・デメリットをご紹介!

新型コロナウイルス covid-19 在宅勤務 会社 業務 メリット デメリット

徐々に浸透している在宅勤務ですが、実際の在宅勤務のメリットやデメリットはどんな点でしょうか?

私自身が実際に在宅勤務をしてみて、感じていることをまとめました。

 

私が実際に感じる在宅勤務のメリット

新型コロナウイルス covid-19 在宅勤務 会社 業務 メリット デメリット

<出勤・通勤>

  • 出勤のための準備や身支度が不要
  • 通勤時間が不要、通勤時の混雑や遅延によるストレスからの解放

<対人での接触がない>

  • 急に話しかけられないので、集中して作業することができる
  • 人と直接話せないので、在宅勤務をする前には業務を整理して、対面でのすり合わせが必要なものは事前に片づけておくことができる

<家にいる>

  • 家事(食事、洗濯)を休憩や仕事の合間にすることができる
  • 荷物の受け取りができる
  • 日中に家にいることで安心感がある、家族と一緒にいることができる

などなど、たくさんあります!

USA
メリットがたくさんありますね!

在宅勤務をするとなると事前に業務の見立てをする必要があるから、業務の整理が自然とできそう♪

 

特にメリットを感じるのは・・・

特に、やはり作業は集中して行うことができるので、ずいぶんと捗ります。

ただしこれは業務を行う環境がそれなりに整っていることが大切ですね。

また、業務の合間に家事をすることができる・荷物の受け取りができるのも有難いです。

洗濯物を取り込む作業やなんて数分あればできますが、その数分は在宅であるからこそできることです。

そして、通勤ストレスからの解放!

これは大きいですね。

満員電車に乗るとそれだけで疲れてしまいますが、そういった無駄な体力消費はないです。

 

私が感じる在宅勤務のデメリット

新型コロナウイルス covid-19 在宅勤務 会社 業務 メリット デメリット

<時間のメリハリ>

  • 1人で黙々と進めるので、時間のメリハリや管理がしにくい

<対人での接触がない>

  • 誰かに直接相談したいときにちょっと話しかけるといったことができない
  • 面と向かって相談したい・すり合わせたいことがあるときは難しい
  • 雑談による気分転換や情報交換ができない

などあります。

けれども代替となる使いやすいITツールがあれば、気軽に聞くことができますし、特段問題と感じたことはありません!

USA
ずっと対人での会話ができないのは少し退屈になってくるかもなあ。

在宅勤務は毎日ではなく、週に何日かとかだったら私は理想かも!

 

まとめ

今回は「新型コロナウイルスで在宅勤務の企業は?会社に行かずに業務をするメリット・デメリットをご紹介」ということでご紹介させていただきました。

新型コロナウイルスで在宅勤務となる企業が多いですね。

会社に行かずに業務をするメリットやデメリットについて、私の実体験元にしてご紹介をさせていただきました。

総論としては、便利なITツールさえあれば、メリットがかなり多いです!!

この際に在宅勤務のメリットを享受して働き方改革を促進してしまいましょう