日大センター試験2020合格発表いつでボーダーは高い?英語の難易度が低いとの声が多いのかツイッターの声もまとめてみた

センター試験 ボーダー
Pocket

今回は、「日大センター試験2020合格発表いつでボーダーは高い?英語の難易度が低いとの声が多いのかツイッターの声もまとめてみた」

ということでご紹介をしていきます。

先日センター試験が終わったということで、受験生の皆さん、本当にお疲れ様でした。

これから、本命やすべり止めを含めて、複数の大学を受験するかと思います。

その中でも、日大は人気大学ですし、受験する人も多いかと思います。

今年2020年の合格発表はいつなのか、また点数のボーダーは高いのか低いのか?

特に英語の難易度について調べました。

ツイッターの声についてもまとめましたので、ぜひ参考にしてください。

 

日大センター試験2020合格発表いつでボーダーは高い?

センター試験 ボーダー

日大の試験ですが、試験の方法は複数あります。その中でも今回は、センター試験を利用した試験方法についてです。

センター試験を利用した試験の合格発表日は学部・学科によって異なります。

第1期は2/13や2/14、第2期は3/12や3/13や/3/14 に試験が行われる予定です。

例えば文系の学科ですと以下の日程となります。

  • 法律学科/一般入試 C方式(大学入試センター試験利用)<3教科型・4教科型>(法職課程を含む)
出願期間 試験日 合格発表
1/5~1/18(インターネット受付) センター 1/18~1/19 2/14
  • 政治経済学科/一般入試 C方式(大学入試センター試験利用)<3教科型・4教科型>
出願期間 試験日 合格発表
1/5~1/18(インターネット受付) センター 1/18~1/19 2/14
  • 新聞学科/一般入試 C方式(大学入試センター試験利用)<3教科型・4教科型>
出願期間 試験日 合格発表
1/5~1/18(インターネット受付) センター 1/18~1/19 2/14
  • 経営法学科/一般入試 C方式(大学入試センター試験利用)<3教科型・4教科型>
出願期間 試験日 合格発表
1/5~1/18(インターネット受付) センター 1/18~1/19 2/14
  • 公共政策学科/一般入試 C方式(大学入試センター試験利用)<3教科型・4教科型>
出願期間 試験日 合格発表
1/5~1/18(インターネット受付) センター 1/18~1/19 2/14
  • 法律学科第二部(夜間部)/一般入試 C方式(大学入試センター試験利用)<3教科型・4教科型>
出願期間 試験日 合格発表
1/5~1/18(インターネット受付) センター 1/18~1/19 2/14
  • 哲学科/一般入試 C方式(大学入試センター試験利用)第1期
出願期間 試験日 合格発表
1/5~1/18(インターネット受付) センター 1/18~1/19 2/13
  • 哲学科/一般入試 C方式(大学入試センター試験利用)第2期
出願期間 試験日 合格発表
1/5~2/28(インターネット受付) センター 1/18~1/19 3/12
  • 史学科/一般入試 C方式(大学入試センター試験利用)第1期
出願期間 試験日 合格発表
1/5~1/18(インターネット受付) センター 1/18~1/19 2/13
  • 国文学科/一般入試 C方式(大学入試センター試験利用)第1期
出願期間 試験日 合格発表
1/5~1/18(インターネット受付) センター 1/18~1/19 2/13
  • 国文学科/一般入試 C方式(大学入試センター試験利用)第2期
出願期間 試験日 合格発表
1/5~2/28(インターネット受付) センター 1/18~1/19 3/12
  • 中国語中国文化学科/一般入試 C方式(大学入試センター試験利用)第1期
出願期間 試験日 合格発表
1/5~1/18(インターネット受付) センター 1/18~1/19 2/13
  • 中国語中国文化学科/一般入試 C方式(大学入試センター試験利用)第2期
出願期間 試験日 合格発表
1/5~2/28(インターネット受付) センター 1/18~1/19 3/12
  • 英文学科/一般入試 C方式(大学入試センター試験利用)第1期
出願期間 試験日 合格発表
1/5~1/18(インターネット受付) センター 1/18~1/19 2/13
  • 英文学科/一般入試 C方式(大学入試センター試験利用)第2期
出願期間 試験日 合格発表
1/5~2/28(インターネット受付) センター 1/18~1/19 3/12

 

センター試験のボーダーラインについては、こちらも学科によります。

Aライン得点ですと、高い学科ですと85%後半、低い学科ですと77%となります。

Cライン得点ですと、高い学科ですと76%後半、低い学科ですと67%後半となりますね。

目安としては、80%弱の得点が取れれば、試験を挑戦のし甲斐があるかと思います。

文系ですと法律・公共政策・史学の学科については難易度が高くなっています。

学部 学科(方式) 配点合計 Aライン得点(得点率) Bライン得点(得点率) Cライン得点(得点率) Dライン得点(得点率)
法律(C3教科) 500 418
(83.60%)
401
(80.20%)
388
(77.60%)
375
(75.00%)
法律(C4教科) 600 483
(80.50%)
465
(77.50%)
450
(75.00%)
434
(72.33%)
政治経済(C3教科) 500 407
(81.40%)
390
(78.00%)
379
(75.80%)
367
(73.40%)
政治経済(C4教科) 600 482
(80.33%)
463
(77.17%)
448
(74.67%)
432
(72.00%)
新聞(C3教科) 500 409
(81.80%)
392
(78.40%)
379
(75.80%)
365
(73.00%)
新聞(C4教科) 600 468
(78.00%)
448
(74.67%)
432
(72.00%)
418
(69.67%)
経営法(C3教科) 500 399
(79.80%)
383
(76.60%)
370
(74.00%)
358
(71.60%)
経営法(C4教科) 600 461
(76.83%)
442
(73.67%)
427
(71.17%)
411
(68.50%)
公共政策(C3教科) 500 428
(85.60%)
411
(82.20%)
397
(79.40%)
383
(76.60%)
公共政策(C4教科) 600 475
(79.17%)
457
(76.17%)
442
(73.67%)
426
(71.00%)
法二 法律(C3教科) 500 383
(76.60%)
367
(73.40%)
353
(70.60%)
339
(67.80%)
法二 法律(C4教科) 600 462
(77.00%)
442
(73.67%)
424
(70.67%)
407
(67.83%)
文理 哲学(C1期) 500 422
(84.40%)
405
(81.00%)
391
(78.20%)
378
(75.60%)
文理 史学(C1期) 500 426
(85.20%)
410
(82.00%)
396
(79.20%)
382
(76.40%)

 

日東駒専クラスのセンターのボーダー目安は?

日本大学ですと、いわゆる日東駒専ということで、そのラインの他の大学を受験することも多いかと思います。

日東駒専ラインのセンター利用試験ですと、Aライン得点でのセンター試験の得点率は、70%後半~80%程度です。

また、意外と理系ではもう少し低い得点率となっています。

どうしてもそれなりに名のある大学に行きたいといった場合は、(理系の人は特に)穴場を探してみるとよいかもしれません。

 

日大センター試験2020英語の難易度が低い?

日大 センター試験 ボーダー

日本大学はそもそも、偏差値は50~55あたりです。平均やそれよりやや上の中堅大学ですね。

センター試験を利用する場合は、前述のように、80%くらいのレベル感が求められます。

難易度としては普通~少し上といったあたりでしょう。

またセンター試験だけでなく独自の試験を利用する試験方法もあります。

この試験では、変な問題やややこしい問題が出題されるのは稀です。

特に英語に関しては、いわゆる知識系の問題や熟語を覚えていれば正答ができるような類の問題が多い印象です。

ですので、単語や熟語を地道にきちんと覚えていることが大切となります。

レベル感としてはセンター試験と同等ですので、素直に熟語や文法のルールを見直しましょう。

英語の難易度は高くはなく、直前にきちんと知識系のものを見直せば正答できる問題ばかりです。

諦めずに覚え復習しましょう。

 

日大センター試験2020ツイッターの反応もチェック!

 

まとめ

今回は、「日大センター試験2020合格発表いつでボーダーは高い?英語の難易度が低いとの声が多いのかツイッターの声もまとめてみた」

ということでご紹介をしました。

今年2020年の、日大のセンター試験の利用のボーダーについては、80%弱の得点があれば挑戦できるレベル感です。

学科にもよりますが、英語の難易度も80%程度を見ておく必要があります。

日大独自の試験での英語の難易度については普通レベルで素直な問題ばかりです。

ツイッターなども参考に、受験戦略を練って頑張りましょう。